慕田峪長城関建設600周年
 
 
慕田峪長城関建設600周年
 

2004年まで慕田峪長城関が建設600周年ため、中国長城学会が北京市観光局と懐柔区政府と主催して、シリーズのお祝いを行った。例えば、年間にニュース発表会、アテネオリンピックトーチの展示、第三回北京国際ウォーキング、中米国青年の長城友情リレー試合、長城月見などのような活動を行った。

文献によると、慕田峪長城は明洪武元年(西暦1368年)後、朱元璋の将軍徐達が、北斉時代にかれた長城の上に建設されたのもだという。清同治十二年(西暦1873年)出版された「遷安県志」によると“山河の固め根本は徳で険しいではない。明代初、徐中山は山海関から慕田峪まで城壁を築いて、全長千七百里、国境警備高くなる”という。 徐中山は徐達で、朱元璋の開国ヒーローで、死後中山王に授けるので、徐中山とも言う。この記載から慕田峪長城は明代初時期大規模に長城を築く開始点の一つと分かれる。1402年、朱元璋の第四子朱棣が“靖難事変”を行って、建文帝の統治をリバースし、翌年北平を北京に改称して、首都を北京に移す条件を作った。1404年、長城を再び修繕した。関を築いて、“慕田峪関”と称した。これから慕田峪長城は明代の要塞になった。

 
 

臼奨偏捗弥囗海廓唾嗄捲暦巷望 井幡侭嗤 姥宛催・奨ICP姥 05009531 催
TEL:(86-10) 61626022 61626505 FAX:(86-10)61626928 61626813 E-mail:mty@mutianyugreatwall.com
仇峽:臼奨偏山悲曝捗弥囗 唾嗄曝 喨園・ 101405 譜柴崙恬:臼奨從署囁木親室蝕窟嶄伉